Pray for Japan

クライストチャーチ冷めやらぬまま、日本異常事態発生
のちのち、あの日を日本の3・(テン)1,1 と呼ぶのでは・・・・??

私はあの11日、「もしも・・・・」って、亡き’いかりや長介’さん達のシリーズが
あったけど
「もしも東京のすべての交通機関がストップしたら・・・」
というそのものズバリ「帰宅困難者」体験してしまったのだ(@_@;)
この話だけで、一文章ありだけど、過去に痛めていた左足首があの日以来
痛み再燃・・・
何しろ、真夜中の寒~~~いなか、何時間歩いたことか・・・足首から先の感覚がなかった。

で、やっとボチボチ何とか歩いておりまする。

その日の岐路だけで、色んなこと(非日常なこと)があり、色んなことを感じた。

更に日がたち、思うこと・感じることはバリエーションが増えてくる。

で。

こんなサイトを紹介され、現在普及活動?している私。


地震発生後、インターネットに投稿された心温まるつぶやき
(↑クリックできます)

こんなときだからこそ、日本の日本人の「いいとこさがし」Twitter集みたい。

ここを訪れた方いらっしゃいましたら、是非ご一読をば。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

帰宅困難者体験。

ばーばらさんも、帰宅困難者体験、私も東京で地震遭遇して帰宅困難者体験をしました。
 サラリーマン・OLは我慢強いと思いました。聴覚障がいの人は助け合うし・・・・・視覚障がいの人は母親の介助つき。
 茶髪OLは文句を言うと思ったけど、文句一つ言わない。彼氏がこの緊急事態に彼女を先に席に座る優しさ。日本の若者もやる時はやる。大人が(私もその一人だが)草食系男子と決め付けすぎている。
 ばーばらさん左足首の痛み合ったでしょう。帰宅困難で左足が痛み出したんですね。大変な思いをしましたね。日本の災難はまだ続きそう。お互い冷静に対応しましょう。今は天災に見舞われているとき、日常と違う状況にある。1万年に一度の大災害のとき、人間として真価が問われる。
 ニュージーランドの人の苦労がよくわかる。自分の国の痛みだから他人事ではなく、自分ごとですよ。

ぶじこれきにんさん

本当に、あの日は東京パニックだったし
色んなこと思いましたね・・・。

で、長蛇の列に並んでいたとき、ある人が
「でも、こんなときでも日本人って
パニックになるでもなく、黙々並んだり歩いたり偉いわね」
って言ってるおばさまがいました。
一緒に歩いたおじさまも、自販機のお茶おごってくれました。
卒業式シーズンで、着物姿の女の子達もそれなりに落ち着いていました。

それに、私が行った「避難所・小学校」はブルジョアエリアということもあってか(*_*)
ヴィップ対応だったようです。

その後、東京人達が「買い占め」に走っているのが残念なところです・・・・i-195

本当に、こんなときこを一人一人の真の姿が
見えるときですね。
来てくれてありがとう

ばーばら

◇「ばーばら」です。
お絵かきを中心に、思いついたことや、その他色々ゆるくつづっています。たまにまじめな記事もあり。アートセラピーも資格あり。
作品には著作権があります。
ヨガなどボディワークも継続中。近年、歌うことも好き。呼吸オタクかも。


リンクに私のHPもあり。
コメントお気軽にどうぞ。(不適切なものは削除いたします)メールフォームもご利用下さい。

English Greeting
Welcome to my blogsite of 'Atelier Barbara'!
カテゴリ(MENU)
ブログ村に参加してみました
四季の花時計
私の写真集
My photo gallary↓
最新記事
最新コメント
Mail Form

名前: Your Name
メール:Mail address
件名: Subject
本文:Text

リンク
全記事表示(過去の全記事)

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
My あとりえバナー
My Banner