ウォルト・ディズニーの約束――Saving Mr.Banks――

最近、近年珍しいほどのヒットする名画に出会いました。

ウォルト・ディズニーの約束』 原題 Saving Mr.Banks

ご存知の方も多いはずの、ディズニー氏があの映画『メアリー・ポピンズ』の製作実話を映画化した物語。
このブログのなかでも、メアリー・ポピンスやそのなかの楽曲もテーマに記事にしてきました。
(もうどこだか忘れたけど)
私の幼児期から、人生に決定的な影響を与えてくれた作。
幼稚園時代に、毎月配布される物語としてやってきましたが、いくらなんでも文字が多すぎるから、と、小学校入学まで読むことを禁じられ、読める日を心待ちしていた日々。
小学校時代、NHK英語番組で取り上げられていた映画の一部を楽しみにしたいた日々。
強風の日は、傘を手に風に乗って飛んで行けないか、と本気でトライしていた日々。
読書感想文を書き、文集に載った日。
そして、勿論映画館で見た日。
習っていた楽器で、その楽曲のなかのいくつかを弾いた日々。
やり直し英語教材として、やさしい英語で書かれたチェリーツリー通りの物語に取り組んだ日々。
作者トラバース女史のことを調べ、英語教材として英文で書いていた日々。
英語で歌える曲として、何曲か口ずさめるように練習していた日々。

と、個人的にメアリー・ポピンズとのおつきあいを綴りだしたら止まらなくなりますが(*_*)、当時の制作秘話だけでなく、
人の心に一生つきまとう幼児期からの影響、
親子の絆、
トラウマ感情、
そして、表現する者とはどういうことか、
ヒューマンドラマとして、きちんと深く描かれていたことが嬉しいです。
当時の空気感もたっぷり。

また、日本では多分あまり知られていないだろう、音楽担当のシャーマン兄弟がリアル(似てる!)にメインキャストとして描かれていたことも感動♪
(ディズニー映画のサントラCDを持っており、そこで兄弟が二人で裏話などの会話もされていて、かなりそこらへんもリアルに感じられます。)
当時の名作アニメ映画には、この兄弟の楽曲が素晴らしいものが多いです。
スヌーピー映画もそうです。
作者がオーストラリア出身、ということもあまり知られていないのでしょうね。

日本のYouTubeでの予告版は正直ちょっと・・・で、あちらの英語版でどうぞ。
原作・かつてのディズニー映画『メアリー・ポピンズ』とあわせてご覧いただきたい名作。












本物の弟・リチャード・シャーマン氏が、映画制作終了日に、スタッフら皆とピアノを弾き歌っているものがあります\(^o^)/まだ元気!!(兄ロバート氏は、2012年に没。)涙ぐむ姿に、涙ぐみました。


テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

バーバラさんのお勧めは、見なくちゃ!って思っちゃう。
うふふ、楽しみが増えるわ。

魔女メグ様

もし、60年代の映画『メアリー・ポピンズ』をご覧になっていなければ、これの後にでも是非どうぞ(o^^o)
来てくれてありがとう

ばーばら

◇「ばーばら」です。
お絵かきを中心に、思いついたことや、その他色々ゆるくつづっています。たまにまじめな記事もあり。アートセラピーも資格あり。
作品には著作権があります。
ヨガなどボディワークも継続中。近年、歌うことも好き。呼吸オタクかも。


リンクに私のHPもあり。
コメントお気軽にどうぞ。(不適切なものは削除いたします)メールフォームもご利用下さい。

English Greeting
Welcome to my blogsite of 'Atelier Barbara'!
カテゴリ(MENU)
ブログ村に参加してみました
四季の花時計
私の写真集
My photo gallary↓
最新記事
最新コメント
Mail Form

名前: Your Name
メール:Mail address
件名: Subject
本文:Text

リンク
全記事表示(過去の全記事)

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
My あとりえバナー
My Banner