Gigot

ジゴ という映画をご存知でしょうか?

すごくマイノリティー?ながらも、味わい深~~い作品です。
1962年、なんとあのジーン・ケリー氏が監督作品。
切なくも楽しい、DVDがない、というのが冗談のようです。
主人公ジゴは、おしで喋れない、いわゆる現代で言えば障害者さんです。
巨漢で、一人アパートに住み、動物さん達と仲良し。
清掃業か何かだったかな?
描かれている当時はそうだったのか、人々に露骨にバカにされていたりします。
何十年も前、子どもの頃、日曜の昼間に放映されており、一生忘れられない作品として刻印されました。

そのイメージで描いたらくがきもどき。


gigot2.jpg

部分。

gigot3.jpg

ジゴと少女のじ~んとくるかかわり。
ネズミやその他の動物たち。
かくまってくれる神父様。
教会での、思わず自傷に走るようなシーン。
しみじみしながらも、笑いもあり。涙あり。
11分割でYouTubeにアップされています
フランス人によるかわいい英語です。
主人公が言葉が喋れないため、全体にセリフも少なく、日本語字幕はありませんがたいして気になりません。



ご覧になって損はないです。
秋の夜長にいかがでしょうか?

テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

バーバラ様
訪ね来てくれた友と二人で見ました。
いい映画を紹介くださって嬉しいです。

魔女メグ様

わ! ご覧になってくれたんですね!
気に入っていただけたら、凄く嬉しいです(≧∇≦)!
お友達さんにも、よろしくです~

No title

おはようございます。
ほんとに、いい映画でした、せつなく温かく。
皆に知らせたたくなりますね。
友と11分ごとにクリックしながら、止められないの^^。
こんな映画知ってるばーばらさんて、きっと素敵な方よって、友とお喋りしていたの。

魔女メグ様

そうなんです。
切なくも温かい。重くもならず、古き良き映画~って作かと。
日本語字幕あれば、もっと本格的に布教活動しているところです。^_^;
私がテレビで見た大昔、同じく見たらしき方々で
やはり忘れられないインパクトを残しているようですよ。
私が素敵って言うより、作品の力ですよ。(笑)
来てくれてありがとう

ばーばら

◇「ばーばら」です。
お絵かきを中心に、思いついたことや、その他色々ゆるくつづっています。たまにまじめな記事もあり。アートセラピーも資格あり。
作品には著作権があります。
ヨガなどボディワークも継続中。近年、歌うことも好き。呼吸オタクかも。


リンクに私のHPもあり。
コメントお気軽にどうぞ。(不適切なものは削除いたします)メールフォームもご利用下さい。

English Greeting
Welcome to my blogsite of 'Atelier Barbara'!
カテゴリ(MENU)
ブログ村に参加してみました
四季の花時計
私の写真集
My photo gallary↓
最新記事
最新コメント
Mail Form

名前: Your Name
メール:Mail address
件名: Subject
本文:Text

リンク
全記事表示(過去の全記事)

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
My あとりえバナー
My Banner