ハリネズミくんと渡り鳥さん



harinezumi-wataridori-1.jpg

ハリネズミくんは、今日も歌っています。飛び立った友達の渡り鳥さんを思って。

harinezumi-wataridori-2.jpg

別れはいつも酸っぱいね。ハリネズミくんはトゲトゲだから、ハグもできない。

harinezumi-wataridori-3.jpg

でも、一緒に歌えば平気だよ。ハモれば、心は一つだよ。


harinezumi-wataridori-4.jpg

必ず戻ってくるからね。だから、安心して歌えるよ。

テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

ミー&マイガール

もともとブロードウェイミュージカル「ミー&マイガール」。
「マイ・フェア・レディ」の男性版。(下町生まれの男性を貴族紳士に)

225000270.jpg

日本では、宝塚で1987年に初演され、記録的大ヒットとなり、のち延々と再演を繰り返されるお宝演目。(↑初演ポスター)
宝塚だけではなく、一般の?男女の舞台でも演じられるようになり、なんと宝塚初演で主演された、もと男役の剣幸(つるぎみゆき)さん、何十年のブランクを経てもなお、男性たちとの舞台で同じ役を男役として昨年も演じられていました(゜o゜)!!見たかったなぁ・・・大昔、民放の宝塚番組(関西テレビなので、関西圏のみの放映)で、新人さん達で作るチーム「ザ・バンピーズ」にいた人じゃないですか!名前が読めなかったので、やけに印象に残っています。けん さちさん? 違うよね・・・と^^;。つるぎみゆきさんと知ったのは、つい近年。

これ、ブロードウェイ版(劇中の一部)をYouTubeで見て、是非是非見たくなった。
気になっていたら、宝塚版がこの夏東京に来ると。とれないチケット、なんとかネットでゲット。(東京ではまともにチケットとれないとは、知らなかった・・・。)
メインの二人をのぞいて、主要キャストがA・Bパターンで役替わり。とれたのはA。とっても素晴らしかった!!どのキャストさんも良かった。誰もがハッピーになる、ミュージカルらしいミュージカル。30年代の英国、ってとこも、衣装や装置などおしゃれ。古いディズニーアニメで好きだった、「おしゃれキャット」の背景によく似てた。
(ヒロインが、団体イジメで裁判沙汰にもなった悪評高い96期生という点だけが足を引っ張るけれど、知らなかったことに・・・(-_-メ))

さて、Aを見たら、Bも気になってしまう。
特に、Aでセクシーな美女を演じていた人が、Bでは髭の3枚目弁護士となる、と! さすが、変幻自在の宝塚!
まんまと劇団の思惑にひっかかり、Bも行ってしまった・・・。でも、高いチケットは買えないので、当日券をねらって。中学生時代以来の根性だ。
(2階最後尾の一列は当日券としてB席なのだけど、1000円安くなって2500円。それがなくなれば立ち見。座席確保のためには、早朝から並ぶのが必須。)
ラッキーなことに、この季節にしては暑くもなく、ラッキーなことに列の人はかなり少なく(中央の良い席をとれた♪)、ラッキーなことに、すぐ前の人は当日券のベテランさん、あれこれ話しながら過ごせ、長時間の地べたすわりも苦にならず。

舞台そのものはもちろん、劇場ロビーにはピアノが主要楽曲を自動演奏している。それを聞いているだけでハッピー。
次にこの演目で行けたら、ずっとそばで聞いていたい、という夢を実現。
チケットがなくても、ロビーに入れるなら毎日でも通いたいよ。

P7231281.jpg

高い位置から。ずっと聞いているあいだ、アイデアが降りてきた。音の神様のギフトだ。

P7231282.jpg

暗い客席で、手元がよく見えないなかのスケッチ。有名なメイン二人のテーマソングの見せ場。

P7231283.jpg

下町バーでのピアノマン。後ろ姿がおじさんに見えるよ!

P7231284.jpg

お若いらしいのだけど、堂々の貴族おばさまを演じた方。

スケッチすべてBパターン。




ブロードウェイ版。貴族と労働階級が、役者さん達は客席降りしお客さんとも一体となる最大の見せ場。これ、英語だと、貴族と下町育ちとで、使っている英語が違う。オセアニアふう、オージーのような英語で歌われてます。日本語だとそういう配慮ができなくて辛いね。
宝塚しか知らないと、主演がおじさん、ってとこが、すご~く新鮮^^;。
これ生で見れたら、いつ死んでもいい!

ちなみに見たのはこれ。(映像、Aパターン)



テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

音楽紙芝居

ご訪問ありがとうございます。

歌に合わせて、紙芝居。作ってみました。
楽曲はこちら↓です。



合わせて、こちらをご覧ください。

P7181268.jpg

P7181269.jpg

P7181273.jpg

P7231277.jpg

P7231279.jpg

勢いのなぐり描きなので、細かいことは大目に見ましょう^^;。

原曲のPPMの歌も、大大大好き。昔、このブログにも描いたはず。どこだかわからないけど。
音楽紙芝居、実演予定。日程、未定。

テーマ:イベント - ジャンル:学問・文化・芸術

シャンソン歌う

ご訪問ありがとうございます。

なんだかんだいって、またアップしています^^;。
こちらの歌手さん、どなただかわかるでしょうか? 若い人は?かもですが、日本のシャンソン界では、サルでも知ってるはずのお方。もと宝塚スターさん。すでに他界されております。

ko-cyan.jpg

今住んでいる町(昨年3月より。ただし、この6月末に同じ町内で引っ越しだけど)に、なんとシャンソニエなるお店があります。
はじめて路地でそのお店を発見して以来、みょ~~に気になりつづけながらも、店内に入る勇気もなく。
それが、あるとき、不定期に催されているカラオケタイムとやらのときに、どさくさにまぎれてみよう、と思い切ってドアを開け・・・たら、誰もいなかった。どさくさがない、しまった! と、引き返そうにも、お店のまだむが明るくかく熱心にひきとめられ、まんまとまだむスマイルにひきづられ、驚きの長居してしまいずっと歌ってた^^;。
いや、まだむが一緒にハモってくれたり、サンプルを見せ聞かせてくれたりもして、お得感満載♪
その後、味をしめたまにカラオケタイムに顔をだし、さらに驚いたことに、まだむにシャンソン指導を受けております。ははは(^◇^)。
声量のなさと音域の狭さには自信のあった私ですが(俗にいう、音痴では・・・)、発声練習などマジに習うと、メキメキ声は出るようになりました。
歌は、絵と違って、成長が早い! 誰でも声は出るようになる!! つまり、誰でもそれなりには上手くなる!!!
これは、すごいです。早く言ってくれ、って感じでしたよ。
もともとカラオケなどとは縁のないタイプで、はるか大昔つきあいで参加した折に、上記の絵の方の「ラストダンスは私に」を初めて歌ったところ、「この曲、歌いこんでるでしょ?」と、すっとぼけた声があったけれど、これは亡き父親の定番、どうも歌手志望だったらしい、やたらめったら歌が上手かった父親の十八番だったため、ものごころついた頃には細胞に入り込んでおりました。
多分、今でもいちばん歌いやすいのかも。

ついでの大昔の画。

ラ・パン・アジル2

パリの超メジャーシャンソニエ「ラ・パン・アジル」。
何十年も前、初めての海外ツアーでの印象。手前のコート姿は当時20代の私。お店のマダムに道をきいているところ。
(シャンソニエって、パリか銀座にあるものだ、と思ってた。)

テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

新作動画『翼-Tsubasa-』

お久しぶりでございます。

いらして下さった方、忘れずにいてくださりありがとうございます。(__)

さて、この2月よりずっと取り組んでいたパントマイム動画ができました。(しばし前にちょっと記事にしていたもの)。5分弱です。
鉛筆のみの、パラパラ漫画ふうweb絵本です。使用画像は220枚くらい? 実際は300枚近く描いたかと思います。
思っていたより、いろんな面でたいへんでした。

もとのパントマイムは勿論とても美しく、あわせている辻幹雄さんの音楽が、これまたとても美しいです。もともと、パントマイミストの清水きよしさんはこの音楽にインスパイヤされ、作品「翼」を作られたそうです。

中型サイズで投稿したら、ブログのタグからずれてしまいセンター表示にならなかったので小さく入れてます。
全面表示にされると見やすいです。



もとになっている清水さんのパントマイムも、機会あれば是非ご覧いただきたいです。
※来年4月、イベントホールつきのカフェ画廊での個展で、清水さんとジョイント?で、土日パントマイム公演を予定しています。

テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

来てくれてありがとう

ばーばら

◇「ばーばら」です。
お絵かきを中心に、思いついたことや、その他色々ゆるくつづっています。たまにまじめな記事もあり。アートセラピーも資格あり。
作品には著作権があります。
ヨガなどボディワークも継続中。近年、歌うことも好き。呼吸オタクかも。


リンクに私のHPもあり。
コメントお気軽にどうぞ。(不適切なものは削除いたします)メールフォームもご利用下さい。

English Greeting
Welcome to my blogsite of 'Atelier Barbara'!
カテゴリ(MENU)
ブログ村に参加してみました
四季の花時計
私の写真集
My photo gallary↓
最新記事
最新コメント
Mail Form

名前: Your Name
メール:Mail address
件名: Subject
本文:Text

リンク
全記事表示(過去の全記事)

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
My あとりえバナー
My Banner