クリスマスにむけて―1―

町中でクリスマスソングが流れる季節になっている。

しばし、クリスマステーマで記事にしようかな、と。

こちら、Angels watching over me という曲を歌っている、ってイメージでだいぶ前にらくがきしたもの。

P9030588.jpg



Angelなので、天使さま
日本でも、教会の日曜学校なんかで幼児向けに歌われているみたい。
(日本語なのかな?)
とっても可愛い曲。
子守唄にもなってる。

All night, all day,
Angels watching over me, my Lord.
All night, all day,
Angels watching over me.

Now I lay me down to sleep
Angels watching over me, my Lord.
Pray The Lord my souls to keep
Angels watching over me.

All night, all day,
Angels watching over me, my Lord.
All night, all day,
Angels watching over me.

Sleep comes over me
Oh my lord
Pray my soul to sleep
Angels watching over me




この曲の動画は数々あれど、この少年の引き語りが一番好き↓
(上記の歌詞にないフレーズもある)



(実は、たま~にこちらに合わせて、え~んじぇるず うぉっちんぐ お~う‘ぁ~ み~まいろ~~ど♪と歌っている^_^;)

テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

ストリート・ミュージシャン

日曜日、少し離れたちいさな町の通りが第4日曜は歩行者天国になっているって初めて知りました。

手作り品中心に、市がたっている!
(私も、市だしたいな・・・)
そこで、演奏していたグループ。
飛び入り参加OKの、のど自慢もあったようで、それは見ませんでしたが。
(私も歌ってみたいな)

三鷹マルシェ

Fly Away Home 2

以前も記事にしたことがある、Fly Away Home

しばし前、改めてイメージ画を描いたりしました。
そのものの場面ではないのだけれど。

10000miles-2.jpg

当時の記事につけた動画は、削除されてしまっていました
10,000miles というタイトルで歌われています。
特別鳥好きでなくても、ぐぐぐっとくる映画となるでしょう。
この紹介ムービーだけでも、かなり堪能できるかと。↓



ちなみに、絵は水彩紙Water Ford(ナチュラル)を試したくて描いたもの。
コットン100%という紙(高級!)は初めて。
雲のあたり、何だか綿棒みたいなモワモワになりました。
インクとの相性はイマイチかもしれません。
めいっぱい水彩を使うには、とても良い紙みたいです。
残念ながらその技量が足りませんが・・・

テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

ポプラの秋

大好きな児童書の一つ、『ポプラの秋』。湯本香樹実 著。

ポプラの秋 (新潮文庫)ポプラの秋 (新潮文庫)
(1997/06/30)
湯本 香樹実

商品詳細を見る



とってもはまりこんだ、『夏の庭』の次の作です。多分。
『夏の庭』は、少年達とおじいさん。
『ポプラの秋』は、少女とおばあさん。
大人になったヒロインの小学1年生時代の回想として綴られています。
このばぁさん、夏に庭のじぃさんに負けずにいい味満載。
やさしそうな親しみやすい、善良そうなおばあさんとはワケが違う。
一癖も二癖もあり。
そのばあさん、なんと秘密の使命をもっている!
って、それ以上は書かない方がいいですね(^_^;)。


秋のポプラ1

シンプルなイメージ画。

秋のポプラ2

なんとなく、ばぁさんと少女の場面をイメージ。

ポプラ

ポプラってこんなかな?

この作者さん、今書いていらっしゃるのかな?
夏・秋・春、のあと、冬をまっていたのだけれど、それは出ていないようです。
ちなみに春は『春のオルガン』です。
映画化や舞台化されています。
映画、まだ見ていないので是非見たい、でも本のイメージのまま抱いてもいたい。

テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術

スケッチブック展 in 川崎Ⅳ 行って来ました

ブログを通じてこっそり様子をうかがわせていただいていた、スケッチブック展。
額装してきちんと?展示されている多くの展示と違って、スケッチブックをそのまま手にとれる(゜o゜)
って、斬新でカジュアルなスタイルの展覧会。
原画はやっぱりエネルギーいっぱい。
手にとって触れ合えるって、贅沢すぎです。
1点ごと額に入っているギャラリーでの展示よりも、原画だらけでその数も見きれないほどありすごいパワー。

スケッチ展2014-11-9
原画がそのままピンで留ってます!

スケッチ展2014-11-9b
手作りスケッチブック!
かじがやごろぉさんの画です。

ごろぉさんとまったり過ごさせていただきました。
絵が大大大好きな、優しそうなナイスガイでいらっしゃいました。
次は私も参加させていただけるかなぁ?

テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

はらっぱ祭り終了

初めての野外イベント、お祭りでの出店終わりました!

初日はしっかり雨
テントのない私は、その日はあきらめ本部のお手伝いへ。ビール販売その他もろもろ。
途中、車の駐車誘導係をやることになり、曇り空のなかその場所へ。
そして、空模様は一気にシトシトから本格的な降りへ。
明るい空だったため帽子だけで傘もなく、軒下で雨宿りしながらただ立ちつくしていただけの人をやっていました(ーー;)。
アートセラピーで有名な?お題の一つ、「雨のなかの私」というテーマも用意していましたが、自分がまさにその通りになっておりました。(ただのおバカ)
その日出した出店ブースたちは立派なテントのところばかりで、テントはおろかテーブルの用意もなく(あまり必要でもないのだけど)そもそも車での搬入でもない、いたってシンプルというか、しょぼいというか、あっさり設営となるため一気にテンションダウン。

不安しかない状態で、日曜一日開店。
しっかり降ったので、地面もそうとう緩んでおります。
ただ日曜になると、若干のテントなしブースもありました。ホッ
正直、始めた午前中あたま、こうして地面にすわってお祭りの様子をながめて夕方になるのかも・・・
とマジに思っていたりしておりました。
が、大人の女性でアートセラピーを受けてくれた方が登場
その後、お子さんたちのお絵かきブースとなり、激安だったこともあり、まずまず対応出来る範囲でお客様がいらしてくださいました。
お子様達には自由にお絵かきしてもらったのですが、色々発見させていただきました。
水彩が人気、とか、たくさんの色に触発される、チャレンジしたい、場の自然のなかの空気の解放感などもあり、普段とは違う作風となったりされている場合も、などなど。
そして、お母様がた、固形水彩(トラベル用とかの)という存在をご存知なかったりされるようで、ちょこっと画材紹介したり。
絵具って、大人でも準備・片づけがめんどくさいですからね。
お子さんたちのなかでもやはり特に絵が好き、というお子様たちが集まって来られたようで、ほんと~~に熱心に集中して描かれていました。
親御さん達も熱心に寄り添っていらっしゃいました。
一応、アートセラピーちっくにワンポイント、親御様に絵から見られるものをお伝えしていました。
もう夕方となり暗くなってはNGと片づけはじめていたところ、小学生の女の子が是非やりたいと言って来られました。
水彩の水を流してしまったばかりで、クレヨンでもいい? ときくと
水彩が描きたい、と強い願い。
なので、再度水の準備をして堪能していただきました。


決定的反省点として、私は日頃からアウトドア派ではない・・・。
野外でこんなことをする、という基本がてんで身についておりません。持ち物も貧層すぎ。。
絶対必要、準備せよ、と言われていた懐中電灯ですら、持っていたものは小さすぎて役に立たず。あってもなくても変わりないようなもの。暗くなってからのランプのようなものなどもなく(ーー;)。。
帰りは本当に暗いなか(本格的自然という、東京郊外でも珍しい大自然系原っぱ)泥っぽい土のなか踏みわけていくことに。

そして、作品ポストカードを気にいって買って下さった方々、ありがとう
かつてこの地元アトリエでご一緒していた当時高校生だった若い女性と再会できたり、と、嬉しいサプライズもありました。
(一緒に消火器描いてたなぁ~)

次にやるときはもっとスマートに・・・出来るかなぁ・・・・??


野外でのアート活動に慣れている、と言う方に、教えを請いたいと痛感いたした次第です。


383.jpg
水彩画で自画像

テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

来てくれてありがとう

ばーばら

◇「ばーばら」です。
お絵かきを中心に、思いついたことや、その他色々ゆるくつづっています。たまにまじめな記事もあり。アートセラピーも資格あり。
作品には著作権があります。
ヨガなどボディワークも継続中。近年、歌うことも好き。呼吸オタクかも。


リンクに私のHPもあり。
コメントお気軽にどうぞ。(不適切なものは削除いたします)メールフォームもご利用下さい。

English Greeting
Welcome to my blogsite of 'Atelier Barbara'!
カテゴリ(MENU)
ブログ村に参加してみました
四季の花時計
私の写真集
My photo gallary↓
最新記事
最新コメント
Mail Form

名前: Your Name
メール:Mail address
件名: Subject
本文:Text

リンク
全記事表示(過去の全記事)

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
My あとりえバナー
My Banner