小説ブッダ

気がついたっらとっくに10月~~

全然更新していないことに気づく・・・。

とっくに食欲・スポーツ・芸術・読書の秋

最近あまり本の開拓をしていないと気づく。これはいかんです。

と言うことで(なにがだ?)、この本は最近読んだわけでもないけれど
私のバイブルというか聖書に近い感覚のもの。

『小説ブッダ―いにしえの道・白い雲』

3127A8ECmAL__SL500_SL160_.jpg

昨今仏教ブームとやらだそうだけど、それってまだ今も??

ブームに関係なく、こんなに心洗われる本も少ないかも。

特に、冒頭部近くのブッダがまだブッダと名のらない時代・・・・
悟りを開かれてすぐの頃、のちに愛弟子となる当時のインド社会最下層身分・不可触民
(ヒンドゥー4段階の更に下。上の身分の人に触れることもご法度)
の少年とのふれあい。
修行中倒れたブッダにミルク(ミルク粥という説も)を与え復活させたことで有名な、
村長の娘スジャータも含め、まだシッダールタであった当時・・・光り輝く穏やかで美しい人
のちのブッダとの交流が、実に詩的に描かれております。

この辺の場面を何度も何度も読み返し、何だかホッと安心感を得られるような気が

作者のベトナム人ティク・ナット・ハン氏については、無知なため知らなかったけれど
ベトナム戦争の荒廃のなかから、「行動する仏教」を興した禅僧であり
平和活動家でありかつ詩人でもあり、という方だとか。
その詩的才能からか、翻訳されたものでも行間から何かオーラが漂ってくる感じ。

あくまでこの作者により描かれたブッダ像。
実に人間らしく描かれております。
(そこがNGな人もいるかもしれないけれど)

でも、私個人的には手塚治虫氏のマンガのブッダよりずっと好き

テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

来てくれてありがとう

ばーばら

◇「ばーばら」です。
お絵かきを中心に、思いついたことや、その他色々ゆるくつづっています。たまにまじめな記事もあり。アートセラピーも資格あり。
作品には著作権があります。
ヨガなどボディワークも継続中。近年、歌うことも好き。呼吸オタクかも。


リンクに私のHPもあり。
コメントお気軽にどうぞ。(不適切なものは削除いたします)メールフォームもご利用下さい。

English Greeting
Welcome to my blogsite of 'Atelier Barbara'!
カテゴリ(MENU)
ブログ村に参加してみました
四季の花時計
私の写真集
My photo gallary↓
最新記事
最新コメント
Mail Form

名前: Your Name
メール:Mail address
件名: Subject
本文:Text

リンク
全記事表示(過去の全記事)

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
My あとりえバナー
My Banner