Baby

大好きな、アメリカの児童書作家―パトリシア・マクラクランさんの作品です。
上記タイトル「Baby」は、原題。
邦題は、「潮風のおくりもの」と訳されています。(掛川恭子さん訳)
でも、私的には?絶対、原題に作者からのエッセンスが凝縮されている、と思え、あえてこちらで紹介いたしました。

簡単にストーリー紹介・・・夏が去り、赤ん坊を亡くした一家の家の前に、潮風のおくりもののように女の赤ちゃんが捨てられていた。「必ずひきとりに来るので預かってほしい」と。主人公の少女はじめ、一家皆で、その子を愛で育てる。その家の、おばあさんは語る。「人は、愛された記憶が必要」と・・・。

既に絶版となっているよう・・・。
すごく惜しい!!図書館などでは、よく置かれているようです。



s-baby.jpg


この作中で、作者が何度も引用している詩を添えたいと思います。


By エドナ・セント・ヴィンセント・ミレー(1891-1950 アメリカの女流詩人、劇作家)
「曲のない挽歌」より

わたしは口をとざして、あきらめてしまうつもりはない、
やさしい心をもった者たちが
かたい土の下にとじこめられてしまうのを。
いまも、これから先も、ずっとそうだったのだから、
おぼえていないくらい
はるかむかしから。
暗闇のなかにあゆみさっていく、かしこい者も美しい者も。
頭をかざられてさっていく、 
ユリで、月桂樹で。でも、わたしは口をとざして、
あきらめてしまうつもりはない。

恋人も、賢者も、地中にうずもれている。
ひとかけらのつまらない、とるにたりないちりになる。
感じたこと、知っていることのかけら、
つかいなれたことば、ききなれたことばはのこる――
だが、最良の部分は失われてしまう。

すばやい熱のこもった答えも、誠実なまなざしも、笑いも、愛情も、――
みんな失われてしまう。バラの糧になってしまう。
優美に、はなびらをかさねあわせているバラ。
香りたかいバラ。
それは知っている。
でも、わたしはよしとしない。
世界じゅうからあつめたバラより、あなたの瞳のかがやきのほうが、
はるかに価値があるのだから。

深く、深く、どこまでも深く、墓穴の暗闇めざして、
声もなくあゆんでいく、美しい者も、
傷つきやすい者も、心やさしい者も、
声もなくあゆんでいく、聡明な者も、
機知にとんだ者も、勇気ある者も。
それは知っている。
でも、わたしはよしとしない。
口をとざして、あきらめてしまうつもりはない。

続きを読む»

テーマ:ART - ジャンル:学問・文化・芸術

ひまわり

「字」のない絵本です。
勿論、Web上なので、「絵本」とは言えないのですが・・・^^;

別のところの紹介した、「凧あげ」(←ページへジャンプします)の絵のモデル――
パントマイミスト「清水きよし」さん(サイドバーにリンクあります!是非、訪問を!!)の、少年シリーズ作品より絵におこしたもの。

これは、残念ながら出版にいたらなかったので、ここでささやかにスーパーダイジェスト版でご覧ください。


                  

                seed.jpg

             ひまわり(ワクワク)





           ひまわり(芽)jpg




          ひまわり2

続きを読む»

テーマ:ART - ジャンル:学問・文化・芸術

来てくれてありがとう

ばーばら

◇「ばーばら」です。
お絵かきを中心に、思いついたことや、その他色々ゆるくつづっています。たまにまじめな記事もあり。アートセラピーも資格あり。
作品には著作権があります。
ヨガなどボディワークも継続中。近年、歌うことも好き。呼吸オタクかも。


リンクに私のHPもあり。
コメントお気軽にどうぞ。(不適切なものは削除いたします)メールフォームもご利用下さい。

English Greeting
Welcome to my blogsite of 'Atelier Barbara'!
カテゴリ(MENU)
ブログ村に参加してみました
四季の花時計
私の写真集
My photo gallary↓
最新記事
最新コメント
Mail Form

名前: Your Name
メール:Mail address
件名: Subject
本文:Text

リンク
全記事表示(過去の全記事)

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
My あとりえバナー
My Banner