墨の裏打ち奮戦記

ご訪問ありがとうございます。

書きたいことはたまっているのに、さっぱり追いついていません(._.)。

さて、私のお気に入りの画材の「墨」。
元祖、「水墨画」はあきらめておりますが(花鳥風月とかにあんまり興味もないし・・・)、墨自体は大好きです。
あの、にじむときのボテボテジワ~~感、かすれのダイナミックさ、おおざっぱOKなとことか、魅力いっぱいですね。
でもでも。
大きな大きな問題が・・・裏打ち。額装する、は勿論、保存のためとか、そのままだと紙がうねってヨレヨレ、スキャンしても、まぁ汚いこと(-_-;)。
これ、プロに頼めば勿論問題ないけれど、時間もお金もかかります。以前、ほんの少しだけ大きめサイズのもの頼んだら、4000円でした・・・・。仕上がるまで数週間かかる場合も。余裕をもって頼まなければいけません。
以後、自分でそれなりに出来るようになる!
を目指したものの、確実にある程度失敗します・・・・・・・

さて、最近久々にこの裏打ちに取り組んだ過程をば。

P3011393.jpg

「今日は裏打ちだぞーー!!」と、気合いの日。新作も、いつだか記憶もない大昔の作もばらまき状態。(ウチは畳なのだ)
この原画のなかで、何枚かはサヨナラの運命となります・・・。

P3011394.jpg

使うのは、これ。世界堂で売られている、アイロンで貼り付けるタイプのもの。
「誰でも簡単にアイロンで・・・」とか書かれていますが、こんな言葉をまともに真に受けてはいけません。
なお、上の写真の中央、大きく丸まっているふすま用紙の小型サイズみたいなのは、これと同じ裏打用紙のでっかいバージョン。
これは丸まりのくせが強く残っているので、実際たいへん! 
大原則として、大きな紙に描かないこと。これがいちばん(._.)。
(それでも使う場合は、まず平に伸ばす工程が入ります。)

一応、参考とした裏打ちノウハウはこちら。



とても参考になりますが、プロの方がやるようには不器用など素人にはいくはずもありません。
詳しくは追記にて。


続きを読む»

テーマ:絵画教室・制作日誌 - ジャンル:学問・文化・芸術

来てくれてありがとう

ばーばら

◇「ばーばら」です。
お絵かきを中心に、思いついたことや、その他色々ゆるくつづっています。たまにまじめな記事もあり。アートセラピーも資格あり。
作品には著作権があります。
ヨガなどボディワークも継続中。近年、歌うことも好き。呼吸オタクかも。


リンクに私のHPもあり。
コメントお気軽にどうぞ。(不適切なものは削除いたします)メールフォームもご利用下さい。

English Greeting
Welcome to my blogsite of 'Atelier Barbara'!
カテゴリ(MENU)
ブログ村に参加してみました
四季の花時計
私の写真集
My photo gallary↓
最新記事
最新コメント
Mail Form

名前: Your Name
メール:Mail address
件名: Subject
本文:Text

リンク
全記事表示(過去の全記事)

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
My あとりえバナー
My Banner