cafe wakkoさん

ご訪問ありがとうございます。

ただいま、杉並区西荻窪南口のcafe wakkoさんで、動物の小品イラスト中心の個展開催中。

このお店、おっとりしたママさんお一人でやられているらしい、とても女性向けなかわいい感じのお店。、
これが初日おえて2日目、なんとママさんのご主人、入院されていたそうなのですが、容態悪化、
お店はできずギャラリーだけの開催。
そして4日の午前にお亡くなりになられたそうです。

こんなこともありますね・・・。。

私は土曜にお店が出来ない、と聞き(お留守番のお嫁さんが小さなお子さんと最低限の用事をされていらっしゃいました)、来られた方にはお水しか出せない状況(>_<)。
でも、皆さんお水飲みながらまったりと過ごしていただけました。
お客さんの頭ごしに、絵が見づらい、とかもなかったですし。

こんな感じです。

PC031359.jpg

PC031350.jpg

PC031353.jpg

PC031351.jpg
こちらは販売されました。(プリンセスとのらくろです)

PC031357.jpg

PC031354.jpg

PC031355.jpg

友人の娘さんや、通りがかりで入ってくれたお客さんをスケッチしたりしています。
(一人暇な時間、歌ってるときも(^_^;))

次の週末はまたママさんとご一緒できるようです。

なお、DMの住所が間違っていたそうで・・・(いただいた用紙の通りに打ったので、私の間違いではないとのこと)

2-27-5 ではなく
2-25-7
が正解だそうです<(_ _)>。

テーマ:イベント - ジャンル:学問・文化・芸術

映画『ポプラの秋』

ご訪問ありがとうございます。

何年振りかに映画館に行きました。
湯本香樹実さんの名作『ポプラの秋』の映画化――気になり過ぎます。
(『夏の庭』の映画も舞台も見ていませんが、やはりとても気になります)

popura01.jpg

舞台が飛騨高山に設定されていたのが、ちょっと意外でもありましたが、
風景・映像美しかったです。
要となる、クセの強いおばあさんに中村玉緒さんというキャスティングも、
何とも言えないですが、原作通りの容貌などを求めるのは無理でしょうし、
だんだん見るうちに見なれた? ような。

これはこれで、映画作品として美しかったし良かったかな、という微妙な感想になりました。
あまりにも原作を愛しすぎていた者には、どう作られても、それを越える感動とは
まぁちょっとならないかなぁ・・・

アパートの造りが違うよ、とか、初めのうち気になったのだけど
(ドア前の廊下に洗濯機、という、階下が大家で2階のみ3世帯賃貸の古いありがちな作りのアパートのはずが、何故か公団UR住宅風?になってた。)
時間制約の都合があるだろうけれど、大好きだった教会へ行くシーンがない、とかはともかく、
全体に綺麗すぎのような印象・・・勿論、美しくていいですけど。
お子さんや若い親御さんへの配慮、とかあるのかな?
なんて、思い返したり。
だけど、あの作りだとラストの感動がイマイチよくわからないよ・・・。。
(毒気を抜いたグリム物語、とまでは言いません)

いえ、あくまで、これはこれ! で映像綺麗だし良かったです。

テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

Jim Hathaway氏の個展

アメリカ人墨絵画家のJim Hathawayさんの個展に行ってきました。
東京下町・谷根千にある、手作り感いっぱいのJimさんのスタジオ。
平日の夕方、ぜいたくな時間をしばし二人で過ごさせてもらえました。
実はこの春唐突にご本人にファンメールを出し、普段のスタジオにお邪魔させていただき、まったりと2階でお茶をいただきながらお話させていただいたことがあります。
WEB上で作品を見ただけで、何か強いインスピレーションを受け、すっかりファンになってしまいました。
長く日本に暮らし、日本人より日本的なところがおありかもしれません。
奥様は日本人ですし、きっと日本語もお出来になるのでは、と思いますが、会話は一応英語でした。
(と言うか、自分の英語は聞くのはまだしも話すのは極めてテキト~ですが(^_^;))

interestingなマンダラや、心が解放される墨絵ワールド。
額の表装?も一部手作りされているようです。
作品はもちろん、スタジオや、何より作家ご本人の魅力いっぱいです。
居るだけで幸せ・癒され空間。
26日まで開催。


securedownload (2)


securedownload (3)


テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

キンチョ~の夏・猛暑の夏

やはり、一時期の涼しいまますむはずのない
猛暑の夏
あづい~~~~~~~~
一歩外に出るにも勇気がいる(-"-)。

そんななか、バス停でバスを待っていると
(たいていバス停ではバスを待ち、駅ホームでは電車を待っている)
カップルの外人さん(欧米?英語圏らしい)が突然登場し、
私の乗るひとつ前のバス運転手さんに、彼女の方が
(アジア人に見えたけど、日本語は駄目らしい)
ドライバーさんに何やらアレコレ尋ねている。
地元人でも、慣れないバスに乗るというのは、大事業だ。
思わず、オのつく国でのスリルとサスペンスのバスの日々を思い出したりして
親切心を起こし、もの凄~~く久しぶりにリアルにエ~ゴを使ってみたりした(+_+)。

後ろでただ彼女のやりとりを待っている青年に向かい
私「ドコ、イクデスカ?」
青年「○○ Park」(お~、何と綺麗な発音だ!!)
私「ツギノバスネ。スグクル。(と、言ってる間にやって来た)アレ、ソウ。」

勿論青年は喜び、お二人さん乗り込むときに改めてドライバー氏に
どうやら「ここで降ろしてくれ」と頼んでいたよう。
(私も散々やった・・・・(ーー;))

震災以来、可哀そうなニッポン。
すっかり観光客は減ったと思う
若干もちなおったかもしれないけれど、少なくとも私の住む町では
住みついている外人さんばかり目につく。
都心はまだともかく、この辺まで訪ねてくる観光客は稀だ。
そんななか、このすこぶる超猛暑のなか、わざわざこの町へ訪ねて来るような
外国の方々へのオススメメッカが我が町にもあるのだ
その○○ Parkに隣接している、「たてもの園」。

思えば、バスというのはどこの国でも外人さんには不親切だな、と改めて思う。
電車と違い、日本語の標識やアナウンスしかない。
(ただ、オセアニアでは英語のアナウンスすらなかったけれど(@_@))
本当に大冒険である。

そのバス停に停まり、ドライバー氏「○○ですよ」と彼らに日本語で声をかける。
どうも自分達に教えているらしい、と、彼ら出口に向かうが
公園らしき外観は見えない。
そう、ちょっと分かりにくいんだけど、公園に接しながら、恐らく彼らが行きたいだろう
「たてもの園」とは入口が遠いのだ。
だから、公園入り口ともバス停が違う。

私の姿に青年、「○○ Park?」と質問してくる。
私「ケンチクブツ デスカ?」
青年「(パッと明るい表情で)Yes!!!」
私「ココ。タノシムヨ~ニ。(何だ、それ(+_+))」
と、無事二人下車。

こんな、レトロな建築物を移築しているところ。

renketsu.jpg

キンチョ~の夏・・・・
はたまた、かつて郷ひろみ氏が歌っていた
じゃぱ~~ん
を、堪能できる。

ちなみに、かつて私がケータイで撮ったものも。

s-09-09-06_005.jpg


熱中症との戦い、というなかホントにホントにご苦労さま。

そして、諸外国の方々じゃぱ~~んを見にいらしておくんなはれ。
多くの働く外国からの転勤組?は帰国してしまい、国際結婚・住みつき組しか見かけないのだ・・・<(_ _)>。




テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

[いんた~なしょなる]な夏

気候変動の激しいこの夏。

ちょいと前に駅前広場(?)でイベントをやり始める場面に遭遇。
やっぱ、日本の夏だわ。
(しつこくキンチョーの夏とも。ルミコさんが浴衣着ていたのが原型イメージ^^;)

さすがに日本の夏イベント
って、装いで舞台に立つこのお二人。
いいっすね~、やっぱ日本の夏はこれでしょう。
でも、別に三味線弾いてるわけじゃなく。
しっかりあちらの楽器(笑)で、何を歌っていたかっていうと・・・・
これが Stand By Me

すご~く上手だったんですね~、これが。
目線で了解を得てケータイで撮影。

この曲、昨年のこの時期オのつく国でピーター達との忘れられない思い出の曲(←クリックで開きます)
季節は反対だけど、やはりこの時期より一層鮮やかに浮かび上がる1曲

この組み合わせ、時代は「いんたーなしょなる」って感じですなぁ・・・。

P1000223.jpg

で、この曲の動画のなかでもお気に入りをここに

歌手のおじさんと少年たち。
映画からのシーン。
何もかもよろしおますなぁ~~。

ところで、今更素朴すぎる疑問だけどこのタイトル
Stan by  ってすぐ隣にいるようなイメージだよね?
「そばにいて」→「支えでいて」
って感じかしら?ふたつの日本語を足して割ったようなイメージもってるんだけど
どうなんでしょ^^;??

テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

あれから2週間

戦後以来の国難、というあの日から半月。

被災された方達の現実は、とうてい量りしれません。
現実問題が山積しすぎているでしょう。

間接的に関わらずにすむ日本人もいないのではないでしょうか??

私の住まいはしっかり「計画停電」エリア。

それなりに、ずいぶん新鮮な???体験です(*_*)。

世界の人たちからのエールムービーを紹介されました。

宜しければご覧くださいませ。




テーマ:ひとりごと - ジャンル:学問・文化・芸術

Pray for Japan

クライストチャーチ冷めやらぬまま、日本異常事態発生
のちのち、あの日を日本の3・(テン)1,1 と呼ぶのでは・・・・??

私はあの11日、「もしも・・・・」って、亡き’いかりや長介’さん達のシリーズが
あったけど
「もしも東京のすべての交通機関がストップしたら・・・」
というそのものズバリ「帰宅困難者」体験してしまったのだ(@_@;)
この話だけで、一文章ありだけど、過去に痛めていた左足首があの日以来
痛み再燃・・・
何しろ、真夜中の寒~~~いなか、何時間歩いたことか・・・足首から先の感覚がなかった。

で、やっとボチボチ何とか歩いておりまする。

その日の岐路だけで、色んなこと(非日常なこと)があり、色んなことを感じた。

更に日がたち、思うこと・感じることはバリエーションが増えてくる。

で。

こんなサイトを紹介され、現在普及活動?している私。


地震発生後、インターネットに投稿された心温まるつぶやき
(↑クリックできます)

こんなときだからこそ、日本の日本人の「いいとこさがし」Twitter集みたい。

ここを訪れた方いらっしゃいましたら、是非ご一読をば。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:学問・文化・芸術

オのつく国より

久々すぎるアップロード、読者は今度こそ?自分だけではないか・・・
(誰か来てくれたらすごいな
のちに形にしたいと思いつつ、ちょっとここで記念?として一筆―――。

いま、南半球はオのつく国で過ごしております。
日本の猛暑脱出しておりますが、予想以上に寒い日々がつづきました^^;。

おエ~ゴ勉強という大義名分をもってやってまいりましたが、会話力に関しては
詳細綴れず・・・
想像力・演技力はよりたくましくなっております。
おエ~ゴテーマでも、おいおい綴りたいところです。

総トータル約9週間近くという、一応ロングステイと言ってよいでしょうか・・・
一ヶ月を越えて海外に居る、(しかも何を思ってか現地のバドシーズン(*_*))
という人生お初の体験でございます。

若くない・体力ない・エ~ゴたいしたことない・財力もっとたいしたことない

という「ないないづくし、よれよれしながらロングステイ」というテーマで
新たに書き起こしたいと思う今日この頃・・・・・・(感慨にふける)
特にこの国は、ワーホリはじめ留学生も含め日本の若者にあふれております・・・
でも、「まだむ世代」も不可能ではありません。
豊かな体力・英語力・更に財力があれば申し分ありませんが。

日本の猛暑との戦いの方々には嫌味なように、日中は過ごしやすい日が多いところです。
その分、温度差のギャップはすごいです・・・
こんなに寒さとの戦いにあけくれた生活も、今までなかったと思われます(-"-)。

誰にでもない近況報告でした。

IMG_2567.jpg

テーマ:ひとりごと - ジャンル:学問・文化・芸術

羊たちの楽園

ここ久々のアップにトライでござる。
桜も良き時期になりつつあり、再開にふさわしき時期でありませう

さて。
私目、ここしばらく某他国へ遊学いたしておりました。
さて、その某国とは?

ヒント1.人の数より羊の数の方が多い
ヒント2.アイスクリームの消費量が世界一(飛べない鳥の数も世界一)
ヒント3.アバター


さて、正解者には私目より愛のオーラをエネルギー送信いたします^^;。

察しの良い方は、この羊王国を推察されたに違いありません。
で。
その地にての体験を小出しにしてゆくつもりでおりますので、おつきあいしても良い方・
お暇な方、どうぞウェルカムでございます。

まず、第一弾といたしまして、人生初の(大袈裟なのだ)
フェルトアート体験
(実は、このときまでフェルトとは羊さんの毛からできていると知らなんだ・・・(-_-;))

以下に成果のほどを

じゃじゃ~~ん


sheep-mat2.jpg

画像が欠けているのが残念なところ^^;だけど、我ながらの傑作であるぞな!!
実際にゆがんだ長方形のテーブルマット・・・の予定だった作。
草原の羊さんたちがモチーフで、この羊たち、立体的にモッシャリしており、お飾り用マット(??)
と化しておりまする。横幅約40cm以上。

更に。

ru-mat2.jpg

どこかで見たような円形の小鳥さんヴァージョン
こちらは、小型。横幅約20cm。


これら、下記の地にて指導受け、すっかりハマってしまったのでござる。

farm-lyttleton.jpg

ご興味おありの方は、こちら(←)をクリックしておくれやす。
(日本語版あり
このB&B(ベッドと朝食込みの宿泊施設の呼称。もみじ饅頭とは無関係)での暮らしは、生活すべてがアートでござった!
追って、また書きたいと予定。(つまり、未定)

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

お地蔵・ハンコ

「お地蔵さま」にハマッている私。
「観音様」も、よろしゅうございます。
「阿弥陀如来様」は、怖れ大うございます。

で、最近、「消しゴムスタンプ」を作ってみました。

お暇なら、見てよね♪


地蔵ハンコ

↑いまのとこ、お気に入りは「この子」だけ。

テーマ:ART - ジャンル:学問・文化・芸術

来てくれてありがとう

ばーばら

◇「ばーばら」です。
お絵かきを中心に、思いついたことや、その他色々ゆるくつづっています。たまにまじめな記事もあり。アートセラピーも資格あり。
作品には著作権があります。
ヨガなどボディワークも継続中。近年、歌うことも好き。呼吸オタクかも。


リンクに私のHPもあり。
コメントお気軽にどうぞ。(不適切なものは削除いたします)メールフォームもご利用下さい。

English Greeting
Welcome to my blogsite of 'Atelier Barbara'!
カテゴリ(MENU)
ブログ村に参加してみました
四季の花時計
私の写真集
My photo gallary↓
最新記事
最新コメント
Mail Form

名前: Your Name
メール:Mail address
件名: Subject
本文:Text

リンク
全記事表示(過去の全記事)

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
My あとりえバナー
My Banner